福岡・百道浜を中心に展開している美容室ヘアージャンキーグループ

 
 
 
1991年の秋、JFK空港に着いた。
スタッフの方が迎えに来てくれていた。覚えているのは、すでに夜になっていた空港から店に向かうまでの間に、日本に帰りたいと思ったこと。すでにホームシック(笑)心の中で「あー、変なとこに来ちゃたなぁ」と思った。

当時の日本は、バブル真っ盛り。ファションは”ワンレンボディコン”と言われた時代。街にはロングのワンレングスかソバージュと呼ばれたウェーブヘアが主流の時代だった。
カットといえばワンレングスなので、「どれくらい切りますか?」がお客さんに聞くセリフ。お客さんは「2cm切って」と答え、2cm切る作業。毎日この繰り返し。飽き飽きした。
今でこそ、ヘアカラーしていて普通の時代だが、その当時、ヘアカラーしている人は、ヤンキーくらいで、カラーしているとヤンキーと呼ばれる時代。白髪染めももちろんあったが、真っ黒に染めるのが当たり前だった気がする。

これから、ヘアカラーの時代が必ず来ると確信し、ニューヨークに行こうと思ったのがきっかけ。最初はカラーを習得したかった。誰もやっていないから。

毎日何人もアルミ箔を使ったカラーリング(ハイライト)をした。当時も今も白人種の方達のブロンドヘアは、ほぼヘアカラーで作られている。それを如何に自然に見せるかが、カラーリストの腕なのだ。

もともとこのテクニックは、子供の髪が夏になると日焼けして明るくなって、自然にブロンドになることを模したカラーリング。その昔は、アルミ箔ではなくて、ゴムでできたキャップを被って、かぎ針で髪を引き出してそこにカラーをのせていた。まあ、今でもそうすることもあるけど…

お客さんが喜んでくれると、やっているこっちも当然嬉しいし、チップも弾んでくれる

ある時、ドライカットって知ってる?と店のスタッフから聞かれた。
聞いたこともない。「乾いた髪を切るの?」
まあ、そうらしいけど、「そのカット見てみたいか」って。オーナーが友達らしい。

日本人のドライカットの第一人者、山根英治さんのカットを間近で見た。
1時間半もかけてカットする。料金は$300ですと。

そのディスカッションの中で「この世で、一番美しいスタイルを作りたい。そう思って日々過ごしてきた。
今日も、今まで切った中で、最高のスタイルを作るつもりで切った」と…。「そういうのが愛なんじゃないかな」なんて言っていた。
愛なんて言葉は、聞いたり、自分で言ってみるのもなんか恥ずかしい感じがして、人前でよくそんなこと言えるなぁって思った。でも、キザな感じは全くしなかった。

それからというもの、なんか「愛」って言葉が心の中に残っていた。
お客さんの為に一生懸命になること。他のスタッフの為に一生懸命になること。社会の為に努力すること。なんか、この一言で全てが解決するような、なんかそんな感じがした。
この愛って言葉は、その後のヘアージャンキーの経営理念に繋がっていく

それから、みんなで特訓!ただでさえ長いレッスンが、さらに長くなるぅ

そうこうしているうちに3年の月日が流れた、1994年夏に帰国した。

帰国前に少し迷った。 日本で独立するか、ニューヨークに留まるか。既にグリーンカードを取得していたし、カラー専門店で働いてもみたかった。
なぜ、帰国したか。 最初に書いたが、2cm切ってと言われ、2cm切るのが退屈だったと…今なら、その時の自分に戻っても、退屈しないことが解ったから…。
気がつかなかった、その当時は…お客様になぜ2cm切りたいか聞いてもいなかった。そこには様々な理由があるはず。
伸ばしたいから、できるだけ切りたくないのか。前回のスタイルに戻したいから。枝毛を切りたいから。
2cmがベストの判断だと決めて、カットするのは美容師の仕事。
もしそれがベストと思わなければ、他の提案ができるはず。
今、日本にいる美容師はそんなことも思わずに仕事をしている。(していた)そこを自分が伝えないといけないと思うようになった。
かわいそうに、皆んな退屈しているのだろう、そう思った。

そんな仕事を繰り返していると、お客様はあなたでないといけないとは、一生言ってくれない。誰でもいい美容師になってはいけない。
唯一無二の美容師を作りたい。美容師という職業を選択して良かったと、思ってもらいたい。そう考えるようになった。
それにニューヨークに居ても日本に居ても、やることは一緒だから。
場所でどうこうなるものではないことも解った。ニューヨークの一番流行っているサロンに行った時も、やっていることは変わらないと思った。
目の前のお客様を喜ばせてまたリターンしてもらう。この繰り返し。喜ばせ方が人によって違う。話し上手な美容師。腕一本でやっている美容師。それぞれだ。

帰国して、勤める美容室を探した。独立前に日本の感覚に戻る必要があると思ったから。
ニューヨーク帰りというライセンスみたいなものがあるから、すぐに使ってくれる店はみつかると思っていたが、見つからない。逆にそれが邪魔だったんだと思う。

すぐさま出店に向けて準備しなければいけなかったが、持っているお金は$10000(約100万円)どうもならない。
銀行に融資の申し込みをしても、日本での実績がないので、貸してくれない。

いろいろなところを見て回ったが、ここがいいと決めていたところがある。
百道浜だ。ここはインターナショナルスクールもあり、外国人の方も多く暮らしている。
なにより、お客さんの層は自分の得意とする層だと思っていた。ここには美容室が無かったし、新しい街でもあるので、美容室を探している人は多いはず。ただ、賃貸物件はなく、すべて分譲だった。

困った。売り出し価格が5500万円。販売センターに行って、カタログをもらったが、案内の人に「ここがどういう場所かご存知ですか。」なんて言われて…これで、内装したら7000万は下らない。
今考えたら、そりゃ言われるわ。当時27歳、若い兄ちゃんが、出店できるようなところじゃない。

住居にするなら、そこを担保にしてお金を借りることができるが、商業用に購入するなら先に登記されていないと、融資出来ないと銀行からの返答。つまり、現金で購入した後でないと借金できない。

家中ひっくり返しても、そんなお金はない。とにかく1日だけでもお金を用立てる必要があった。
親の生命保険を解約させ、定期預金もすべて引き出し、親父の退職金を前借りさせ、親戚中回ってお金を集め、タンスを動かして10円玉を集める感じだった。これで失敗したら、死ぬかアメリカに逃げるしかない。本気でそう思った。
それでも集まらなかった。販売センターにお願いして5000万まで価格を落としてもらっていたが、あと500万足りない。
これでダメだったら諦めよう。そう思っていた。販売センターから連絡が入った。株主との合意が決まり、OKがでたと。神様は本当にいるのかもしれない。
購入前夜、何度もお金を数えた。ちゃんと本当に揃っているか。
キャッシュを紙袋に入れ、抱えるようにして振り込んだ。

1995年2月10日
HAIR JUNKIE OF NEW YORKは開店した。
スタッフは週休2日を当時から採用した。アメリカではそれが普通だった。当然自分は6日働いた。カットできるのは自分しかいなくて、あとの3人はアシスタントだったから。

最初の3年はものすごく長い3年だったように感じた。もう10年くらい経っている感じ。そこから先は転げるように1年が短い。
2000年に法人成りした。別に難しいことは考えずに、そのようにアドバイスされたと思う。
実際に経営を考えるようになった、きっかけでもあった。

個人商店の場合、銀行通帳は個人の名義。その口座に残っているお金をすべて、法人の口座に移すように指示があった。
今考えると、別口座に自分の給料分を入れるようにしておけば良かったと思うが、当時はそんなことしていなかったので、必死で同じ口座にお金を貯めていた。

結局、自分の資産すべてを会社に取られたような感覚。みごとにスッカラカン。今までは自分自身が会社だったのに、自分と会社を分けて考えられるようになるまで、数年かかったと思う。

こういう事。プライベートで飲みに行きました。帰りにタクシー使います。これを経費計上するかしないか。
以前は当然のように経費計上していた。ついでにプライベートなのに接待交際費で飲み代も計上。
これが経営者の特権と思っていた。

今はこのように理解している。もしスタッフが同じ事をして経費に計上していいかどうか。会社のお金を使うという事は、そういう事。
スタッフがダメで、社長はいいなんて、それは会社ではない。

しかし、コッソリやろうと思えばすぐやれる。自分自身でこの社長について行きたくなる人間になれないと、結局は一人になる。そんな風に考えられるようになった。
そこの切り替えができた瞬間から、スタッフの幸せを考えるようになった。

経営理念は「そこに愛はあるか」なんだけど、当時の愛はお客様に向けられたもので、スタッフには向いていなかったんだろうなと思う。

現在は「そこに愛はあるか」の後に
ヘアージャンキーは社会に愛を注げ
社長は社員に愛を注げ
社員はお客様に愛を注げ

ヘアージャンキーとはお客様の外見を美しくする事で、お客様の内面をも豊かにし、喜びを分かち合い、期待以上のお返しをする事で、さらに気持ちに応えていただける、愛の成長集団です。

この方針は今までの美容師人生のエッセンスを結晶化させたものだと思っている。
ニューヨークで働いていた時に思った事。やっている事は難しい事ではなく、単純にお客様に喜んでいただいてリターンしてもらう事。喜んでいただく為には、期待値を超えなければいけない事。それを常に成長させる事

そして、この方針には、髪を美しくするとは書いていなくて外見を美しくとしてある。当初から、おぼろげながらトータルビューティー化を目指していた。
それは、この10年後に実現した。
前のページへ戻る